スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外に使える 
 
今まで何度か紹介してきたトイレチップ
 
「ナッティーキャット」



こちらで過去の記事がご覧頂けます)


前回の実験からも、正直 「使えないかな~」 と思っていました。

でも、少し前
猫トイレのひとつを丸洗いした時に、
なんとな~く、チップをナッティーキャットオンリーにしてみました。

(もうひとつはパインウッドオンリーのまま)


↓ランディーのケージに設置しました
2cats

写真では今までとの違いがあまり分からないですね。

左側にダンボール製の爪とぎがあるんだけど
それよりちょっと濃いくらいの色目です。




Luna

設置するとすぐに新しいトイレ好きのルナが使ってくれました。


ランディもその日のうちに使ってくれました。



で、感想はというと、


これが結構イイ!




何がいいかといいますと


ランディの柔らかうんPにチップがまんべんなくくっついてくれるので
後片付けが楽!!!


チップが小さいので、猫たちも砂かけがしやすいみたい。



goods
↑分かりにくいけど、チップは小さめ。
コロコロうんPにはチップは付かないので
必要以上にチップを捨てることもありません。



今までのチップより多少の飛び散りはあるけど、
まぁ許容範囲でしょうか。


指でつまんでトイレにもどすのも苦にならない程度。



心配していたチップの臭いも
2~3日で気にならなくなりました。

臭いはまだ残ってるんだけど、
慣れたというのが正しい表現だと思います。



ちなみに、猫たちの使用頻度は
ナッティーキャットの方が上のようです。



ただ、ひとつだけ欠点(?)があるとしたら
チップの色が濃いことでしょうか。

うんPで汚れたチップが見つけにくいし、
爪の先くらいのちびっちゃいうんPを見落としがちです。

きれい好きの方には我慢できないかもしれませんね。


でもウチのように、軟便王子で砂かけ大魔王の場合、
チップの汚れが目立たないのはメリットです。

だって、一度のうんPでトイレ中をかき回すので
やわらかうんPがチップ全体にちょこーっとずつ付くんですもの。


その度に全交換なんてできませんから・・・


Randy
↑口、開いてますよ~





パインウッドのストックがまだまだあるから
すぐにナッティーキャットに切り替えるのは難しいかな。
でも、ひとつはパインウッド、もうひとつはナッティーキャットと
ふたつのトイレで使い分けるのはいい案かも。








ランキングに参加しています。
それぞれポチポチポチっと応援いただけるとうれしいです (*^▽^*)

(別ウィンドウが開きます)

にほんブログ村 猫ブログ

FC2ブログ 猫

blogram投票ボタン




 
 
 
へー!!粒が細かいのはいいですね!
我が家のにゃんずは細かいのじゃないと気持よくしてくれないみたいで(-_-;)
すごく気になる!!・・・色濃そうな砂色ですが血尿とかでたときに気づけそうな感じですか??
実は最近買ったのが真っ茶っ茶で・・ダメだぁ~となってしまって(´Д`A;)トホホ
 
 
粒が細かいのはいいですね。
ランディくんは、そんなに軟便なんですかぁ。
チップが軽いと砂かけしやすくて
猫にとっても良さそうですね。
コメントありがとうございます 
 
◆お姉さん。さんへ◆

粒が細かいので砂かけしやすいみたい。
飛び散ってもつまんで戻せるので結構いい感じですよ。
変に崩れたりしないし。
ただ、実際は写真よりももうちょっと濃い緑色なので
血尿は分からないと思います。



◆モモ大好きさんへ◆

ランディの軟便は、決まったフードをあげていれば
そんなにはひどくないです。
ただ、同じものばかりだと飽きるだろうから
いろんなフードを混ぜてあげてるんで
場合によってはゆるくなっちゃうこともあります。
普段は、ちょっと柔らかい程度だけど、
これにチップがまんべんなくくっついてくれるんで
片づけは楽になりました。
 
 
 
軟便の時のシステムトイレの砂って本当に困るんですよね~。
トイレに流せないし。
私もパインウッドにしてから1つストレスが減りました~。
◆ちょこさんへ◆ 
 
パインウッドは優秀ですよね。
軟便の水分も吸ってくれるし、
トイレに一緒に流すこともできますもんね。
システムトイレのチップじゃあ
こうはいかないですからね。
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://dailycat.blog20.fc2.com/tb.php/122-45ee70af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。